9月スマイルブロック例会

9月スマイルブロック例会は、スカイリーフ株式会社 代表取締役 勝山祐督さんに報告いただきました。
スカイリーフ株式会社は東京を拠点に、企業の業務ソフトを中心としたソフトウエアを開発されています。
その中でも特にweb系のシステムが強みです。
勝山さんには、学童期におけるコンピュータとの出会いから、大学卒業後コンピュータ会社に就職、そして、独立開業、新卒採用社員教育に至るまでをインベーダーゲームの作り方などを交えながらお話いただきました。
勝山さんが、まず大切にしている事は、「未経験者を採用してマインドから教える」です。
その手法として、資格試験合格を目指す研修中では
❶質問をさせない
❷教えない
❸答えない
❹ヒントを与える
これは、「パレードの法則」(ある事象の2割が、全体の8割を生み出しているという状態を示す経験則)を基本としています。
勝山さんの報告後のグループ討議は、15分程度ではありましたが、4つの各グループの中で、それぞれの会社の事情、採用、教育の厳しい現状を分かち合いました。
今回の 討論テーマは「どのように 採用 教育をしていますか?」でした。
理念や 社風、やりがい とはいうものの社員って結局は、お金?というようように、経営者の正直な気持ちもお聞きすることができました。
各グループからの発表では、ネットや ハローワークなどでの採用の手法についてのアドバイスが主にありましたが、時間の関係から教育についての報告迄に至りませんでした。
実は、今回、勝山さんは 体調が思わしくない中でのご報告となりましたが、声に覇気もあり、ユーモアたっぷりで、聴衆を飽きさせない軽やかなお話でした。
ゲストも2名参加され、会全体の雰囲気も、明るく和やかで、ブロック例会ならではの親密感のある良い学びの環境となりました。

 

例会後の懇親会は『中華瑛琳』にて、大いに盛り上がりました。勝山 おじか 司会