~飯塚支部6月例会~

飯塚支部6月例会では、
地域作り、企業作りの同時活性をテーマに
大牟田支部の 大牟田ビンテージのまち㈱の冨山博史さんに報告していただきました。
経年による地方の衰退化は大牟田も飯塚も同じように大きな問題となっていて、
冨山さん自身も地元へ戻られたときに知る会社の状態はあまり芳しいものではなく、
そこから前進するには言葉に出来ない覚悟と苦労があったのではないでしょうか。

シャッターが閉じたままの商店街を再び活性化するために
チョコボラ(ちょこっとボランティア)という活動を通して地域の人を巻き込んで店舗を作っていく。その人々が輪を広げてくれて、楽しみながら作業してゆくうちに仲間になり、お客様にもなってくれる。こうした行動のひとつひとつが何よりの営業活動だと思いました。

現在もいくつかのプロジェクトが進行しており、以前街中を走っていた路面電車をフルーツサンドのショップとして復活させたり、ゴミ拾い活動で仲間を募り大牟田の街をきれいにしたりと日々邁進されています。

Zoom例会でしたが、わざわざ飯塚までお越し頂き、
ありがとうございました。
特に一緒に例会を運営させていただいたブロックメンバーは、冨山さんの生まれ育った地に対する熱い深い思いに大いに影響を受け、自身の志を再確認した例会になったと思います。

作成者 クレアトゥール 
池田由香

IMG_6035

西鉄大牟田駅前広場の路面電車204号hara harmony coffeeの前で