10月笑っチャレブロック例会 

笑っチャレブロックの10月例会は、クマホーム代表、熊本茂仁さんにご報告いただきました。熊本さんは福岡県のご出身。大学卒業後、プリンタブルウェアメーカーに就職。その後、住宅退去立会・内装工事業などの勤務を経て、”ホームインスペクション(住宅診断)で食べていく”と志を立てクマホームを開業。中古住宅・マンションの売買などの際に行われるようになりつつある、ホームインスペクション(住宅診断)や住宅リフォームやメンテナンス、空き家管理などの事業をされおります。

 今回の例会では、西区の空き家を使い、実際のホームインスペクション(住宅診断)業務を見せていただき、住宅に関しての様々なトラブルや気を付けるべき点などを説明していただきました。外壁のひび割れの確認では危険なひび割れと気にしなくて良いひび割れの見分け方、点検口から屋根裏の状況を見て雨漏り状況の確認、床下の木材の湿り具合などの調査など、家は身近なものであるにもかかわらず、普段の生活ではなかなか聞くことがない話しが多数あり、参加者の皆さんもとても興味深く話を聴いておりました。また、住宅に関する様々な点の質問も多数出て、質疑応答も含め大いに盛り上がりました。

44077160_1409228225879855_48405917808459776_o

 住民の診断とともに熊本さんの事業の状況についても報告がありました。熊本さんの課題である事業構造について、ホームインスペクションをメインに謡っているが、実際には売り上げの9割は住宅リフォームやメンテナンスなどであり、そこを変えていきたいということ。そして、ホームインスペクションを取り巻く業界の状況(国としての方針)やホームインスペクション普及に向けての熊本さんの取り組み(業界の認知度向上)を進め、今後の事業展望(三年家業、三年事業、三年企業)などの話がありました。


懇親会は空き家の庭を利用してのBBQ。準備は福友支部所属のQ太郎フーズにご準備いただきました。手際よくご準備いただき、そしてたくさんの美味しいお肉をご提供いただき、参加者もとても楽しそうでした。普段の例会とは違うスタイルではありましたが、大いに盛り上がり10月ブロック例会を締めることができました。