事務局 理念研修を開催しました!

6月27日(月)の午後、大阪同友会の杉山元専務理事にお越しいただき、事務局理念研修をおこないました。

大阪同友会 杉山元専務理事

①同友会の理念を深く学ぶ。過去から現在までの運動の過程を理解し、次代の運動を担う事務局員になるよう育ちあう。

②「労使見解」を学び、理解を深め、事務局の中で具体的行動に移す。

③ベテラン事務局員の生きざまや運動にかける想いをお聞きし、各自事務局員の人生設計を考える機会とする。 

という目的で開催しました。

「事務局員としての矜持を胸に同友会運動をリードしよう」と題し、同友会事務局員歴33年の杉山さんからご報告頂きました。報告内容は、多岐にわたりましたが、一つ一つポイントをついておられ、どの項目からも学ばせて頂くことがたくさんありました。

90分のご報告はあっという間に終わり、学んだことを共有し、明日からどのように取り組むのかというグループ討論は大変盛り上がりました。

全員参加の研修会(ソーシャルディスタンスをとって)

参加者からは、

・「事務員にもなれない事務局員」にはならないようにしたい。

・事務局は個人商店にならないようにしたい。

・同友会運動は会員の強みと事務局の強みを生かし、「合作」を作り上げるんだと痛感した。

・同友会は「学び方を学ぶ」場所であること。

事務局員は「運動のプロフェッショナル」であること。

「同友会運動と企業経営は不離一体」であること。

そして、中でも、「事務局員は会員企業の成長が嬉しい、喜ぶ事が出来ることが特権である」この言葉がすごく印象的でした。

などの感想が寄せられました。

定年退職を目前にされたお忙しい時期にもかかわらず、大阪からお越しいただいた杉山元専務理事、本当にありがとうございました!!

2022年7月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。