第16回中同協九州・沖縄ブロック役員研修交流会が開催されました

5月26日(木)~27日(金)に熊本で2022年度第16回中同協九州・沖縄ブロック役員研修交流会が開催されました。

実践提起は鹿児島県中小企業家同友会の代表理事を務める上塘裕二氏((株)パルコーポレーション 代表取締役)より、
コロナ禍で売上が激減した中で、従業員を解雇することなく、新たな事業を展開する取り組みが報告されました。

第1講では、中小企業家同友会全国協議会副会長で大阪府中小企業家同友会会長を務める堂上勝己氏(梅南鋼材(株) 代表取締役)より、
「『同友会理念を自社で実践』が役員の使命 ~愚直に実践、地域と若者に選ばれる企業に~」のテーマで報告されました。
地域の若者を雇用し、卒業生の学校の先生も誇れるような企業になった企業づくりから、多くの学びを得られました。

第2講では、中小企業家同友会全国協議会の顧問を務める国吉昌晴氏より、同友会の歴史と理念を学びました。
同友会の理念をはじめ、同友会運動の歴史を情勢と併せて報告があり、経済史等を学ぶにも良い機会となりました。

3名の報告から、従業員と自社の理念を深め、コロナをはじめとした様々な危機を乗り越えられる企業づくりをする重要性を学びました。

2022年5月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。