2019年度合同入社式&新入社員合宿研修を行いました。

2019年4月1日(月)に中小企業振興センター ホールにて

新入社員合同入社式を開催し、44社87名の新入社員が参加しました。

記念講演の様子

 

 

 

 

 

 

式では、合同入社式に参加した全ての新入社員を壇上で1人ずつお名前を読み上げ、ご紹介しました。

講演する冨山氏

また、記念講演として、冨山 博史さん((株)カンカングループ 代表取締役副社長)が「逆境(課題)を乗り越える事は、人生を楽しくする事」というテーマで講演し、「斜に構えないこと」「信用と信頼に違い」などのメッセージが伝えられました。

 

 

 

その他にも先輩社員からの激励のメッセージや新入社員による社会人宣言を行い、新入社員の新たな門出をお祝いしました。

 

 

 

2019年4月4日(木)~5日(金)に原鶴温泉 泰泉閣にて新入社員合宿研修が行われました。33社65名の新入社員が参加しました。

 

 

 

 

 

 

テーマを「信頼」とし、信頼を得るために必要なビジネスマナーの基礎や報連相の仕方、円滑なコミュニケーションの取り方などを実技を交えながら研修を行いました。

ビジネスマナー研修で挨拶の練習中

特別企画「経営者と語ろう」では、社長自ら、「自身が信頼を得るために行ってきたこと」を経験を交えながら、新入社員に語りました。

2日目の最初には、前日の経営者の話をもとに、「自身が信頼されるためには」というテーマをもとに各グループから発表されました。

 

 

模造紙を使ったり、演劇形式で発表するなど各グループが考えた発表方法で発表されました。

また、サプライズ企画として、社長から新入社員へ激励文が贈られました。自社に入社してくれたことへの感謝や期待していることなどが伝えられ、涙する社員もいるなど、感動の時間となりました。

研修の締めくくりには、決意表明として参加者全員に半年間の決意表明をしてもらい、2日間の新入社員研修が終了しました。