NEXUSブロック会(7月)

★NEXUSブロック 7月活動報告★

7月のブロック会は、福友支部7月例会へ参加してきました。
報告者は、サインエフェクト株式会社 代表取締役 渕上美保子氏で、テーマは、「社員との相互関係は経営者の意識改革から 労使見解に学んだ信頼とは」でした。

報告内容は、創業当時は、屋外広告物事業として順調でした。
順調に売上を伸ばし6年目には東京営業所を出店するほどに成長しました。
当時の社員数は15名。その当時渕上さんは社員を駒としか思っていませんでした。とはいえ、和気あいあいと、みんなが仕事していたので深夜残業の事などは気にしていませんでした。ですが、8年目にある社員さんから過重労働、残業代の不服として、ユニオンに駆け込まれます。
その後「人を生かす経営」をぐしゃぐしゃになるまで熟読し、当時の福友支部、支部長などの意見も聞きながら自分自身を見つめなおしました。今では社員はパートナーと言われていました。

例会の中で、「はずだった」、「思っていた」という言葉が多くありました。
ですが、これが一番怖いのではないかと感じます。自分(経営者)と社員との温度差やコミュニケーション不足。そこに気付いていないといつのまにか取り返しのつかないところに立っていたとういう事は多々あると思いました。

ブロック会では、引き続き、「人を生かす経営」について学んでいきます。

無題