輝きブロック 2月ブロック会

今回は、緊急事態宣言中によりZOOMでの開催と致しまし た。

まず前回の役員会で話が上がった来期の新規入会者目標を協議決定し、糸島市企業調査アンケートで輝きブロック担当の2名の担当割を協議決定しました。

その後、プティール倶楽部伊都国の小島さんより現状報告で現在は 緊急事態宣言中により夜の部をお休みされて国の時短要請に協力されているとの事でした。

窯元ろくろの浅見さんは、今後法人として経営するために色々な方の背中を見ながら日々勉強させて頂いておりますとの事でした。

「アフターコロナをどう過ごしますか?」というテーマ で小津相談役より新ビジネスの企画を発表して頂きました。

昔は子供の出生率が200万人いたのに対して現在は 80万人と人数が減っていく事に危機感を感じて会社が継 続し続けれるような新しいアイデアをビジネスに変えていく挑戦をしていく!と強い決意と熱意が伝わる話をし てくださいました。

小津相談役は常にアンテナをはっておられ「何かに困っている事を探して解決できない か?」それこそが新しいビジネスになると!糸島という地域と糸島の事業所との連携を大切にみんながハッピー になれる構造を考えて新ビジネス実現化に向けて日々模索されているということでした。

小津相談役の最後の言葉で「同友会で率先して前に出ていく事で色々な人との 出会いと繋がりが持てるようになる!」この言葉がとても響きました。

参加人数は少なかったのですが小津相談役の会社の新プロジェクトメンバーになったようなブロック会でとてもワクワクした実りのある時間をすごすことができました。