糸島支部 2月例会

糸島支部 2月例会 報告

『条例でまちは一体となり、持続可能な地域へ』
~条例でまちは変わらない!まちを変えるのは自分たちだ!
(
)さくらトータルライフ 代表取締役 堀 弘道 氏
 (田川市産業振興会議 実務責任者会議委員長)
田川市建設経済部産業振興課 課長 田澤 好晴 氏

報告では、田川市中小企業振興基本条例について熱く語って頂きました。
条例の制定が目的ではなく、目的は住みやすいまちをみんなで作っていく事!
5
年後、人口が激減していく中で堀氏は衝撃を受けた!とお話しされました。
将来の人口推移をみて、人口減少をイメージで捉えるのではなく、数字で見ていくことが
大事だとおっしゃられてありました。地域の課題としては、地域で稼いだお金を外に出さず、しっかり地域内で循環させていく構造作りや、若者がいなくなる現実。その若者達をしっかり地元の企業に残ってもらうには、経営環境の改善が必要であり、そのためには経営者がしっかりと勉強して経営指針が必ず必要だということ!中小企業振興基本条例でも
経営指針があって、みんなが向かう方向を合わせていくことで見えてくるものがある!

条例とは、ゆたかなまちになる為の手段であり、行政に何かしてもらうことではなく、
自らが主体性をもって自分たちのまちをよくしていく!ものです。というとても熱い講演でした。
IMG_2965 IMG_2963 IMG_2962 IMG_2961 IMG_2960