会員の声

ホーム ホーム > 会員の声 > インタビュー記事

インタビュー ㈱濱田設備 代表取締役 濱田 満広

インタビュー

−まずはどのような会社を経営されているか簡単に教えて下さい

柳川市を中心に、空調設備や給排水衛生設備、リフォーム業を行っています。

㈱インフィニティ 代表取締役 齋藤 純

−入会のきっかけを教えて下さい。

もともと大牟田支部の会員さんに誘われていたのですが、福岡市の方でフォーラムがあるということで、まずはそちらの会合に参加しました。1000名規模で開催されるフォーラムに圧倒され、すぐに入会を決めました。

−入会の目的はなんですか

紹介者から凄い会だと聞かされていましたので、色んな経営者と知り合いたいし、経営の話も聞きたいし、経営の勉強もしたくて入会しました。同友会では会員による経営体験報告から学ぶ勉強会が毎月開催されています。本を読めば分かるような話とは違って、経営者の実体験から学ぶことができるのと、聞いた話を元にして参加者同士で意見交換をする場もあるのが、他の団体では見られない特長です。他にも専門性のある活動もたくさんありますので学ぶ場所には事欠きません。

㈱インフィニティ 代表取締役 齋藤 純

−入会して良かったことはなんですか

経営指針書を作ったことです。当時大牟田支部では経営指針づくりの勉強会を行っており、これに参加して経営指針書を作りました。また、広報部では、広報誌を作成するにあたり、会の理念であったり、頑張っておられる会員企業を訪問したりするのですが、同友会の素晴らしさを学ぶとともに、経営者の考えや経営を学ぶことができました。
また、経営に対する考え方も変わりましたし、社員に対する考え方も変わりました。
小さな個人事業でしたので就業規則を作成する義務はなかったのですが、個人でも作ったほうがいいということを知り、就業規則を作り、手当などもつけることにしました。

−同友会で学んだことで自社に取り入れたことはなんですか

さきほども言いました経営指針書や就業規則以外では、経営に関する考え方も変わりました。もともと独立して個人で職人のように仕事をしていましたが、それだけでは仕事は続きません。会社の近所は全てお客様でもあるわけで、地域に愛される企業づくりに向けて取り組むようになりました。また、下請けの仕事も多かったのですが、地域の小さな仕事を行うようになり、地域になくてはならない企業になれればと思っています。関係が近い分、手は抜けませんが、それが他社との差別化にもつながっています。今後は、人を育て、経営に専念できるようになっていきたいと思います。

−入会を検討されているゲストさんに一言お願いします

同友会では、素晴らしい経営者がたくさんおられて、自分自身にいい刺激を与えてくれる場所になっています。足元だけでなく、その先を見ることが企業として生き残る上でとても大事になります。ぜひ一緒に学んで自分を、会社を、そして地域をよくしていきましょう。

会員概要

㈱インフィニティ 代表取締役 齋藤 純

濱田 満広 (株)濱田設備 代表取締役

入 会 2002年10月23日
所 属 大牟田支部
会社名 (株)濱田設備
所在地 〒832-0827 柳川市三橋町蒲船津515-11
URL http://www.k2-homes.com/hp/hamasetsu/?p=top
http://lixil-reform.net/scripts/usr/shop_detail.asp?P=924905
創 業 1986年8月1日
社員数 6名
業務内容 ・空調設備工事・給排水設備工事
・住宅リフォーム工事
・水と空気に関する事業
・食と健康に関する事業

お問い合わせフォームはコチラ
お電話でのお問い合わせはこちらから!

イベント検索


イベントカレンダー

2018年12月
前の月へ
次の月へ
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

イベント一覧を見る

月刊同友

PDFをダウンロード

一覧を見る

景況調査バックナンバー

一覧を見る

経営の悩みを持ったあなたに

よくある質問
用語集