自主・民主・連帯

ホーム ホーム > 同友会とは > 自主・民主・連帯

自主・民主・連帯とは

自主・民主・連帯の精神に基づく会運営が会の発展を支える

現在、すべての都道府県に同友会が存在し、4万1千名を超える組織にまで成長できた要因としては、自主・民主・連帯の精神にもとづく会運営に徹してきたことがあげられます。会の運営にあたっては、次のような内容として理解し会運営にあたってきました。

「自主」とは、二つの意味があります。一つは、同友会は他のいかなるところからも政治的、経済的な干渉や支配を受けないということです。もう一つは、行事への参加や企画、提案については会員の積極的な意志を尊重するということです。つまり、会の主体性を守るということと、会員の自発的参加を基本にするということです。

「民主」にも、二つの意味があります。一つは、会の運営を会員の要求や意見に基づいて行い、一部の人による独善的な運営とならないようにするということです。もう一つは、民主的なものの見方や考え方を会外にも積極的に広めていく、とりわけ企業内で実践していこうということです。このことによって組織の自浄力は強化され、健全な発展が保障されます。

「連帯」は、会員同士の腹を割ったホンネの援けあいと、あらゆる階層の人たちと手をとりあっていこうという外に向けての協力、団結を進める意味とがあります。特に、会内では会員相互の研さんを通じての深い信頼関係をベースに、高い次元でのあてにしあてにされる関係が連帯の中身として理解されてきています。

自主・民主・連帯の精神は、同友会運動の歴史の中で、その意味が吟味され練り上げられてきたものです。これは、同友会運動の基調というよりも、あらゆる組織、人間集団(家族、企業、社会)のあり方を示す普遍性をもっているといえます。

同友会の「自主・民主・連帯の精神」の実践が、「人間尊重の経営」の実現へ

同友会は創立以来、「人間尊重の経営」をめざす活動を展開してきました。このことは、「中小企業における労使関係の見解(労使見解)」(1975年発表)や、「21世紀型中小企業」(1993年発表)の中にも貫かれています。
「人間尊重の経営」の考え方の基本となるのも「自主・民主・連帯の精神」です。

 

人間は一人ひとりが皆違います。同時に、誰もが無限の可能性を持ち、その可能性への挑戦を自主的、主体的に継続できる環境の保障が大切です。
社員が働くことを通じて自分の成長を見出し、働きがい、生きがいを実感できる企業こそ個人の自主性が尊重される企業といえましょう。

 

そして、人間が生きていくためには、最低限の生活保障が必要です。企業で働くことは、本人及び家族の生活を維持、安定させることが大前提です。企業としては、雇用を守り、賃金を保障する、安心・安全な労働環境を整備することが法的にも義務付けられています。
「人間一人ひとりの生命に軽重はない」といわれますが、これは人類が長い年月をかけて確立した人間尊重の価値観であり、そこから平等な人間観が育まれ、民主主義の原点を形成してきたといえるでしょう。

 

また、人間は孤立して生きることはできません。人間がより人間らしく生きていくためには、相互に信頼し、「あてにし、あてにされる関係」を尊重することが大切です。このことで、お互いに手を携えあって社会を築いていくという、ほんものの連帯をあらゆる組織の中でつくっていくことができます。企業では、労使間はもとより、職場の仲間と信頼しあい、共に育ちあう関係が育まれることによって、お客様や地域社会からの信頼を高めます。

これらのことは、企業経営のみならず、社会全般に通じるものです。
自主、民主、連帯の精神は、人間が人間らしく生きられる社会、すなわち、誰もが持っている人間の素晴らしさを発揮できる社会を実現していく力となるものです。
とりわけ、人間相互の信頼関係をうたった連帯の精神が基盤となることで、自主性や民主主義が豊かにはぐくまれるといえるでしょう。

お問い合わせフォームはコチラ
お電話でのお問い合わせはこちらから!

イベント検索


イベントカレンダー

2018年12月
前の月へ
次の月へ
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

イベント一覧を見る

経営の悩みを持ったあなたに

よくある質問
用語集