まちなかインキュベータ第1弾 〜恐竜模型を作ろう〜

北九州西支部(仮称)のメイン事業の一つとして育てようとしているのが、北九州支部として活動している「異業種交流ひろば in 熊手通り商店街」と、「まちなかインキューベータプロジェクト」。

本日、まちなかインキュベータの第1弾のワークショップが開催されました。

トリケラトプスをつくろう

トリケラトプスをつくろう

会場は、ひびき支部支部長の小林さんが経営する株式会社上津役製作所。 上津役製作所は、金属の曲げ加工を専門としています。
なので、今回は実際に部品を曲げ加工して作る、トリケラトプス。

部品は上の写真担っていて、角の部分と顎の部分を曲げて加工することになっています。で、出来上がりが中心部分。

曲げ加工を行うときに子どもたちの眼差しは、真剣そのもの。

角を曲げ加工します

角を曲げ加工します

すごいものです。

中心部分は3枚の板を貼りあわせて行うのですが、ほんのちょっとずれただけで、部品が入らなくなってしまいます。慎重に慎重に作業を勧めていくところは、子供さんも保護者の方も、プロ顔負けの顔つきでした。

親子で真剣に作業

親子で真剣に作業

瞬間接着剤は瞬間でくっつきます

瞬間接着剤は瞬間でくっつきます

背骨を組み立てています

背骨を組み立てています

組み立てたとは、瞬間接着剤で接着して固定し、さらに希望者の方は錆止めでクリアを塗布しました。

いよいよ完成です!

いよいよ完成です!

私達が、仕事の中で当たり前のように行っていることでも、子どもたちにとっては、夢の新技術。中小企業はそんな匠の技の宝箱なんだと、改めて感じさせられた事業です。

 

 

しっかりと創造性が育ったかな?

しっかりと創造性が育ったかな?

 

次回は、来週の土曜日。10月1日に、有限会社カネタケと、株式会社計測検査で、2種類のワークショップが開催されます。多くの参加者をお待ちしています!