11月28日に情勢勉強会を開催しました

“情勢認識”は経営指針書策定・会の運動方針策定に不可欠です!

雇用に関する法律、人口減少、税制改定など、中小企業を取り巻く経営環境は、日々刻々と変化しています。「労使見解」において、経営者は“時代の変化に対応し、経営を維持発展させる責任がある”ことを謳っています。

11月28日に、中小企業家同友会全国協議会の松井清充専務幹事に情勢についてお話いただきました。

グローバルからローカルまで幅広い講演をいただき、それぞれの経営方針、会の運動方針のヒントを探りました。

 

SONY DSC

SONY DSC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です