北九州地区9月合同例会

テーマ―:同友会の活かし方

「同友会は福の神」

~サラリーマンから中小企業家への道

 と き  9月19日(火) 18:30~21:00

ところ  黒崎コムシティ 3F 大会議室 北九州市八幡西区黒崎3-15-3

会 費  無料 (会員外の方の参加歓迎)

懇親会  会費4,000円 雑魚や熊手通り店(八幡西区熊手1-1-22-2F)

中村高明氏

 

 

 

 

報告者  中村高明氏  株式会社紀之国屋 会長

1940年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、西日本鉄道に入社。父の没後、家業である中村商会を継ぎ株式会社紀之国屋を設立。大企業と家業の落差に苦しむなか、中小企業家同友会と京セラの稲盛会長との出会いが人生を大きく変える。現在、中小企業家同友会全国協議会副会長など数々の役職を歴任。

報告内容
1980年、39歳から独立し家業から企業への道を歩き始めるが上手くいかない。飛び込み営業、営業部隊の構築、突然の退職願いと苦労の連続。そんな中、1987年福岡県中小企業家同友会に入会。同友会で学ぶことで課題をクリアしていく。同友会運動と企業経営は不離一体だと気付く。同友会の役員になることでいろんな方と出会い、企業を成長させ、変えていった事例もお話頂きます。こんな体験談は、なかなか聞けない話です。