新入社員フォローアップ研修

記念撮影での晴れやかな表情を見せる新入社員たち

 

10月7日新入社員入社6ヶ月後フォローアップ研修を開催

共同求人委員会(委員長 濱田浩光 貼りアップ㈱代表取締役 南支部所属)は、10月7日9時から20時まで、福岡県中小企業振興センター11階福岡県中小企業家同友会会議室で、新入社員フォローアップ研修を開催した。参加企業数19社、受講新入社員数約70人だった。

これは、同委員会が毎年入社6ヶ月後に、新入社員に対してのフォローアップ研修を開催しているもの。入社6ヶ月間の振り返り、不安や悩みに対する解決の緒をつかむ、上司や先輩、お客様から自分自身に意識戻して仕事の目標、人生の目標を立てる、一人前の社会人として、一つ上のマナーを身につける、研修生同士のネットワークの強化などを目的としている。

研修のテーマは「組織の一員としての役割を果たす」~人間的魅力を保つ そして高める~。事前課題は、「入社してからの半年間を振り返るシート」への記入を行った上で参加している。

当日は、8時30分に関係者が集合し、8時45分から受付を開始。9時から開講式をおこい、9時15分に自己紹介を行い、研修の開始となった。 9時30分からの講義「『AIDMA』の法則~目立ちた上がりの法則 上司、先輩に絶対信頼される5原則~」((株)彩 代表取締役会長 林田達氏)では、「経営者の社員に対する愛情を知ってもらう」という内容での講義。その後のグループ討論では、感想や気づきを話し合っていた。 先輩社員からのメッセージでは、(株)彩とセイワパーク(株)の社員で、それぞれ3年目、5年目の先輩からのメッセージを聞き、再びグループ討論を行った。

午後からは「実技講座ビジネスマナー」(講師:㈱ライズ 代表取締役 高尾英正氏)として、「ホウレンソウって?」をテーマに講義を聞いた。食後の眠たい雰囲気を引き締めようと、高尾英正講師はいつも猪木のテーマで入場するが、今回はリオパラリンピックのテーマを使用したところ、ウケが悪かった。 続いて、コミュニケーション研修(講師:(有)富 樋口富砂子氏)が行われ、自分と違うタイプや性質の人とのコミュニケーションや、お互いの意見を引き出すことなどをテーマに行った。

最後の講義は、「人生の目的を持とう」(講師:貼りアップ(株) 代表取締役 濱田浩光氏/(株)コミプラ  代表取締役 時枝 寛氏)で、自分の未来・将来のイメージづくりと、その目標に向けた具体的な半年後の目標を立てることを主眼に行った。 ワークショップとして、全員で自分自身の決意表明を記入した。 続いて、会社の代表からの激励文授与となり、それぞれの企業ごとに別れ、読み上げて手渡された。涙ぐむ経営者や社員が出るなど、フォローアップ研修での一番の山場だ。 そして決意発表を全参加者が行い、写真撮影のあと、会場を竹乃屋に移して同期会となった。

参加企業は下記のとおり。

  • 貼りアップ(株)
  • (株)ヒューマンライフ
  • セイワパーク(株)
  • (株)すこやか工房
  • (株)中村タイル商会
  • (株)セガン
  • (株)シティーライン
  • (株)鹿田産業
  • 三浦造園土木建設(株)
  • (有)ニッコー・ネット
  • (有)五十番食品
  • ASAP動物病院
  • (株)村上精機工作所
  • 有田電器情報システム(株)
  • (一社)福岡県中小企業家同友会事務局
  • 日本ビルケア(株)
  • (株)小山千緑園
  • (株)彩ーいろどりー
  • エスエス産業(株)

約70名の新入社員が再び集結

グループ討論では、積極的に話し合った

グループごとの写真も撮影。同期入社として、企業の壁を超えて今後も交流する